大切なとき 心をつかむ 筆文字で

筆耕を会社の営業手段として欠かせない ちょっとしたツール

    
\ この記事を共有 /
筆耕を会社の営業手段として欠かせない ちょっとしたツール

デジタル化が進んでいる中ではビジネスツールとして会社のお知らせやご案内では大抵メールかもしれません。

特別なお知らせでも印刷業者が用意してあるテンプレートで印刷し宛名だけは毛筆で送付している会社も少なくはありません。

従来は毛筆で手紙で書くことが正式なものとされていました。

  • 新会社の設立
  • 新会社の設立
  • 創立記念でのお知らせ
  • お礼状
  • お詫び状
  • お悔やみ状

しかしながら自分が書くとなると結構な時間が掛かります。

字を書く自信がない。

必ずしも手書きでなければいけないということではありませんが手紙の効果がどんな効果があるのか?

筆耕士としてお客様から感じた内容を伝えていきたいと思います。

デジタル化が普及している世の中だからこそできることかもしれません。

筆で書く宛名はインパクトが高い

会社に送られてくる郵便物は宛名を手書きにしたものは少ないはずです。

個人に置き換えて考えてみると

例えば毛筆で書かれた封筒に自分の名前が書かれていたら

感動しませんか?

同じように社内宛の宛名も同じで特に経験値の高い役員や社員は手書きを重んじる傾向が高いからです。

手書きの時点で開封率も良い

会社では毎日当たり前のように印刷された活字、整った同じような封筒が大量に届いています。

後で読もう!

今すぐ読んでみたい!

活字だと企業の売り込みだと感じてしまいませんか?

後で開封しようと思って明日になり・・・忘れてしまう。

筆耕依頼の料金

宛名にしても手紙でも気になるのが筆耕料金です。

ここで注意することは安いのが全て良いものではないということなので筆耕の見本をきちんと確認してから依頼することは言うまでもありません。

必ず筆耕サンプルがあるので見てくださいね。

特にご年配の方は厳しい目で見ることがあるかもしれません。

せっかくの毛筆が残念なことに・・・

封筒の宛名の値段

封筒の宛名書きの場合行数にもよりますが¥80〜¥350

名前のみの場合は¥80くらいで手渡しの場合になります。

相手先に出向き手渡しにする場合です。会って直接渡すことはとても丁寧な印象になります。

例えば宛名を毛筆にし、お手紙やご案内は印刷にしてみるのも効果的です。

大企業の株主総会などは宛名毛筆が多いようです。

・ 封筒宛名一行 ¥80〜¥150
・ 宛名二行(氏名または会社名+住所) ¥100〜300
・ 宛名三行(氏名+役職+会社名+住所)¥120〜¥350
・ 裏面差出人 ¥110〜¥150
・ そのほか都道府県が有無でも値段が変わってきます。

手紙の値段

便箋に書かれた毛筆は特に

デジタル化が普及している世の中だからこそできることかもしれません。

・ 一文字 ¥20〜¥35
・ ¥100文字まで ¥2500〜¥3500
・ そのほか文字数によって値段が変わってきます。

まとめ

  • 筆で書かれた宛名やお手紙はインパクトが高い
  • 開封率もアップ
  • 経験値の高い役員や社員は手書きを重んじる傾向が高く好意印象

筆耕を利用することによって営業のアプローチや交渉に繋がる見込みがとても高くなるので、もう一つのツールとして取り入れても良いと思います。


筆 耕 い た し ま す

必ず大切にする表彰状・感謝状

特別なイベントのご案内状

一生に一度の命名書

墨の重きの良さは実際に手に取って

感じて見てください

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©梅秀の筆耕室,2022All Rights Reserved.