大切なとき 心をつかむ 筆文字で

招待状のイメージ = 結婚式

    
\ この記事を共有 /
招待状のイメージ = 結婚式

 

何かの招待状のご案内は届いたことありますか?

昔から慶び事は太く濃く書くことが縁起が良いといわれています。

 

おしゃれな封筒に綺麗に書かれたあなたの名前。

格式 高そう!とか なんだこれは?! とか?

 

素敵だったら、着ていく洋服も想像しませんか?

 

カフェのプレオープンのご案内の宛名はおしゃれで、行ってみたらもっとステキなお店だったー♪

そうなのです!

このように宛名は一番最初のごあいさつです。

 

やっぱり結婚式には楷書

招待状筆耕にはほとんど、標準的で文字を崩さない楷書です。

かっちりと自分の名前が書いてあると背筋ピン!って感じで格式高いイメージ。

梅ちゃん

 

個展などには行書

 

抑揚があってしなやかな美しさの特性をもつ行書です。

何かの個展のご案内など「なんかいいよね?」っていう印象。

梅ちゃん

 

レセプションパーティなどにも

 

カラーの筆ペンを使うことによって表現できるぽってりした感じに書いています。

しっかりした会場と違って、結婚式の二次会やレセプションのご案内にはぽってりとした書体もありですね。

 

セレクトショップのご案内、きちんとしたごあいさつだけど堅苦しくない印象。

梅ちゃん

 

 

まとめ:宛名書き

 

もう一度お伝えします!

「宛名は一番最初のごあいさつ」です。

 

きちんとしたコンセプトに合わせたものを想像してみてくださいね。

 

受け取った相手にとって第一印象が 豊かな気持ちになったり、ほっこりできる。

そして会場がとても格式が高くピン!となりそうなところは、

きちんとした字体をオススメします。

 

受け取る相手も幸せな気持ちになれますように。

 

今日もありがとうございます。

 


筆 耕 い た し ま す

必ず大切にする表彰状・感謝状

特別なイベントのご案内状

一生に一度の命名書

墨の重きの良さは実際に手に取って

感じて見てください

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©梅秀の筆耕室,2019All Rights Reserved.