大切なとき 心をつかむ 筆文字で

婚礼宛名書きを安くするコツ

    
\ この記事を共有 /
婚礼宛名書きを安くするコツ

 

ご結婚おめでとうございます。

婚礼の宛名書きを毛筆にするか?と

考えると思います。

式場やホテルに頼むと一通¥300前後

筆耕業者に頼むと一通¥130くらい

個人の筆耕は安くて¥50でしょうか?

 

安ければいいのか?値段の相場を知りたい。

何かの案内状や婚礼などの

宛名書きを依頼したいときは

少しでも予算を抑えたいところが正直なところ。

今回は宛名書きを頼んだときに安く、頼んだ人が納得できるようなヒントをお伝えしていきます。

梅ちゃん

 

ホテルや式場に宛名書きを依頼する

メリット

式場やホテルは招待状のゲストのリストさえ提出すれば封入から発送も全てやってくれます。

そのリストのテンプレートも一から作らなくて良い。

他の準備で忙しいので楽で安心ですし、マナーも熟知しています。

デメリット

招待したいゲストのテンプレート、封筒からご案内状、印刷を全て自分でしなければならない。

 

 

 筆耕枚数を減らす

ご来賓やご年配の方を招待する場合はプロの筆耕士に依頼することをお勧めします。

なぜかというと

ご年配の方は格式を重んじる方も多く招待状の宛名は毛筆書きが当たり前

プロに頼むことが通常と考えている方が実は多いです。

差出人がご本人ではなく親御様ならその印象もまた違ったものになります。

墨をのせた筆文字は印象が全く違います。

梅ちゃん

正直、印刷でも構いませんが

結婚式=招待状のイメージが湧きませんか?

筆で招待状が届いたら?

おーー!!となりますよね。

老舗の式場?格式高く感じる。

 

招待状の手渡しを多くする

手渡しとは、住所は書かずに名前のみ筆耕してもらう。

会社の上司などは日々顔を合わせるので毛筆で書いた招待状を持って

ご挨拶することはより丁寧に感じます。

友達などは印刷にして直接手渡せば切手代も掛かりません。

宛名書きに都道府県を入れない

筆耕業者には都道府県の割増料金があります。

¥10〜¥20

それを省くことで安くできます。

私がお世話になっていたホテルでは都道府県を入れて書いていました。

例えば「千葉県千葉市〇〇〇〇〜」は丁寧に感じまずが

個人的には文字列的にスッキリしない印象です。

筆耕士としては綺麗に魅せたいという気持ちもあります。

郵便番号も書いてある届かないことはないよね。

 

個人で書いている人に依頼する

かなり安いですが、とても綺麗に書かれているものもあれば

「むむむ?」というものも見かけますので

必ず自分が好きな文字を見つけて依頼をするのがおすすめです。

アウトソーシング

ココナラ

Creema

値段と文字の相談ね。

 

まとめ:宛名書きを安くするコツは?

◆ 頼む・・・手間がかからないが安く抑えられない。

◆ 頼まない・・・好きなように作れる、安く抑えられる。全て自分でやらなければならない。

◆ 手渡しを増やす。

◆ 筆耕業者には都道府県を入れないようにすると安く抑えられる。

 

人それぞれ考え方や頼み方も違うと思いますが上手にプロにお願いしてみてくださいね。いつまでもお幸せに。

梅ちゃん

 

良い結婚式になりますように。

今日もありがとうございます。

 


筆 耕 い た し ま す

必ず大切にする表彰状・感謝状

特別なイベントのご案内状

一生に一度の命名書

墨の重きの良さは実際に手に取って

感じて見てください

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©梅秀の筆耕室,2018All Rights Reserved.