毛筆のご依頼は?筆耕の梅秀

招待状に必要な毛筆書き

 
この記事を書いている人 - WRITER -
うめちゃん
書道歴40年、筆耕歴5年。世界のVIPに愛されるホテル、百貨店、ご朱印書きの筆耕経験後、フリーランスとして宛名書きをはじめ、賞状書き、筆文字のロゴなど各種筆文字に関するご依頼をいただいております。
詳しいプロフィールはこちら

人それぞれ性格が違うように筆耕は書き手(筆耕士)によって文字が違います。

相手にとって良いもの。納得できて喜んでもらえるものを

常にお客様に合わせた文字を書きたいと思っています。

読めればなんでもいいんでない?

kintyou

そんなことはなくて、

 

例えていうならば、その方の体調に合わせた食事を提供してみるような感じです。

その方に合わせたもの、喜んでもらえるもの。

 

なんで?

kintyou

 

この仕事をする前には花の仕事をしていた職業柄です。

必ず、用途、好きな色合い、雰囲気(お客様の)に合わせてご提案していました。お客様の雰囲気は経験値が必要です。

 

話が書れてしまいそうなので本題へ

私の筆耕仕事はリアルにお会いすることはできません。

 

 

用途に合わせた文字の紹介を記事にしてみます。

心意気でしょ。

kintyou

 

では、スタート!

 

結婚式招待状はきちんとした楷書

見やすくて正しい文字。

招待状筆耕にはほとんど、標準的で文字を崩さない楷書です。

 

何かの招待状のご案内は届いたことありますか?

昔から慶び事は太く濃く書くことが縁起が良いといわれています。

 

綺麗に書かれたあなたの名前。

確かにに。お呼ばれした招待状、席札は「自分の名前が!!」ってとっておいてあるなぁ

kintyou

そうそう!そういう方います。

 

特ご年配の方、会社の上司は見慣れていると思うのできちんとした楷書で書くことをオススメしています。

続け字でスラスラ〜にする?

kintyou

それはやめた方が無難です。

続け字?

読めない行書、草書は綺麗そうに見えてしまうマジックにかかりそうですが、実は書を嗜んでいたりすると見抜かれてしまうからです。

だったら、きっちり丁寧に楷書で書くのがベストです。

 

祝辞、弔辞は流れるように

例えば祝辞、弔辞は声に出して読み上げるので読み手のリズムに合わせて改行して書きます。

 

読みやすくしなやかに。

 

時には

ご依頼の内容などによっても銅板細工職人の方からの表札依頼など。

銅板細工職人の佐伯和起さんサイト

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

小国 手折り屋 太郎丸

 

用途に合わせて筆耕しています

わたしが目指す字はひとことで

品格のある文字。

一生の記念になる卒業証書、結婚式の招待状、選挙での為書き、祝辞、弔辞などには手書きの存在感は欠かせません。

 

この品格というものにたくさんの想いがあるのです。

丁寧で素直で美しい。

 

これは字だけでなく生きる上での指針です。

 

品格ある文字に出会えますように。

今日もありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
うめちゃん
書道歴40年、筆耕歴5年。世界のVIPに愛されるホテル、百貨店、ご朱印書きの筆耕経験後、フリーランスとして宛名書きをはじめ、賞状書き、筆文字のロゴなど各種筆文字に関するご依頼をいただいております。
詳しいプロフィールはこちら







カテゴリー

















 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 梅ちゃんのふでもじ , 2020 All Rights Reserved.