毛筆のご依頼は? 筆耕専門家の梅秀

ちょうど会ったからって招待状は渡しちゃダメよ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
うめちゃん
書道歴40年、筆耕歴5年。世界のVIPに愛されるホテル、百貨店、ご朱印書きの筆耕経験後、フリーランスとして宛名書きをはじめ、賞状書き、筆文字のロゴなど各種筆文字に関するご依頼をいただいております。
詳しいプロフィールはこちら

招待状の宛名は書きましたか?もしくは印刷など。

 

筆で書いたけど、上手く書けなーい!

みえちゃん

 

そうなんですよね。ある程度の技術がないと筆で書くのは時間も労力もかかりますよね。

結婚式を控えてているみなさま、梅秀です。

 

筆耕したのに、忙しかったり急いでいたりするとやってしまいがちなことを今回は記事にしていきますね。

 

そもそも、筆耕の必要ある?

「慶び事は濃く太く」というように

昔から筆で書くことは縁起が良いといわれています。

 

ご年輩の方宛ての場合は筆で書くことをおすすめしています。

もうひとつ、先生と呼ばれている方も。

なぜ?

私が感じるのは、

政治家や教授などは就任祝いなどの招待状をもらい慣れているからです。

 

そうか、招待状なのに印刷なんだーってなるからか。どうせなら全員に筆書きする!

ツグオ

 

 

ですが、今は印刷も優れている書体もあるので人それぞれで

どのように気持ちを込めるのかはその人次第です。

 

ちょうど会えた!渡す!→ダメです

住所も筆耕してもらい、ちょうど会うことがあるからそのとき渡そう!ってこと

やりがちです!

 

だって、友達だし!

ツグオ

 

 

気持ちはわかります。ですが!

それは切手を貼ってポストに投函してください。

 

親しき仲にも礼儀あり

 

これです!

 

もし、手渡しにするならば名前のみの筆耕してくださいね。

 

招待状!手渡しで渡すなら…

 

余裕をもった招待状を

結婚式の招待状は友達でも誰でも一番最初のごあいさつです。

 

自分で書くにも時間が必要ですし、練習も必要です。

やっと書けたからひとまず安心してしまいがちですが

 

住所を筆耕したもの、印刷したものでも

手渡しはしないようにしましょう!

 

ちょうど会うから渡そう!ってことはしないようにしましょうね。

うめちゃん

 

 

良い結婚式が迎えられますように。

 

 

今日もありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
うめちゃん
書道歴40年、筆耕歴5年。世界のVIPに愛されるホテル、百貨店、ご朱印書きの筆耕経験後、フリーランスとして宛名書きをはじめ、賞状書き、筆文字のロゴなど各種筆文字に関するご依頼をいただいております。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© うめちゃんのふでもじ , 2019 All Rights Reserved.